小さいおうち

「小さいおうち」を観ました。

赤い屋根のおうちに住む奥様、時子(松たか子)の道ならぬ恋をお手伝いさんタキ(黒木華)の目線から描いた作品です。
お手伝いさん、っていうのは現代風で、当時は女中。
一日中働いて大変そうでした。


なにを伝えたかったのか、最後まで分かりませんでした。
観終わった時にモヤモヤ気分。

時代の違いでしょうか。
私には、タキがどうしてそんなことで一生考え続けたのかが理解できなかった。
晩年、「長く生き過ぎた」と号泣するシーンは共感は出来ないのにただただ悲しかった。
辛いことがあっても最後は穏やかでありたいです。


松たか子さんが美しく、黒木華さんは適役で好演でした。
時子が好きになった男性板倉が吉岡秀隆さんだったのが違和感大でダメでした。
「とっても素敵な方よ」って言われても、「三丁目の夕日」の茶川さんにしか見えない吉岡くん。
どう見ても松さんとは不釣り合いで物語の中へ入っていけなかった。
キャスティングは大切です。

音楽が「ハウル」に被っていたのもムムム・・・。

小さいおうちはとても素敵なおうちでしたけど、全然小さくない、立派なおうちでした。
スポンサーサイト

コメント

(*゚∀゚)・∵ブハッ

ざっくり切ってるね~~w
丁度、今日観てきたところだよ~(笑)
私はけっこう好きだったなw
確かに立派なお家でしたね~(* ̄m ̄)プッ 
板倉さん、素敵じゃなかったね~
でも、周りのおっさんに比べたら・・でしょ?(笑)
ま、綺麗な奥様とは合わないけどww

長く生きすぎたという言葉と涙には胸が詰まりました・・
タキちゃんも彼が好きだったのか・・?とか
でも、タキちゃんは奥様の方が好きだったような気がするしね。
奥様を守るためにしたことだけど奥様を傷つけてしまったからなのか・・
ただ、あの幸せだった「ちいさな家」がなくなってしまい寂しかったからかな・・と私は思ったりしてるよ・・。あの家族が好きだったんだよ・・と。


美しすぎて

タキの心が美しすぎますね。

確かに、小さいおうちが大好きで家族に仕えることが幸せだったのでしょう
奥様とタキはタイプは違うけれど、自分の気持ちに素直で強い心を持っているということは同じですね。
Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク