ヴァイオリンレッスン*18回目(ヤマハ最終回)

三月から通い始めたヤマハの教室。
今日で最後になりました。
ちょうど半年経ちました。


曲はバッハの「メヌエット第二番」

D線ソの音から、ソ・シ・レ・ソと上がっていく。
しかも、出だしからフォルテです。
ここが上手く弾けないともうどうしようもありません。

逆にここを制すれば、あとはスラスラ気持ちよく弾ける。

で、「この出だしをなんとしても決めなくては!!」
という思いが裏目に出て散っていくのですね~。


左手のポジション、ソからシへ移るとすぐに3の指を離してレの位置にいっているので、シを弾いている時に移動すること。

このタイミングが難しいけど、出来るととってもスムーズです。
左手の移動はこのようによく考えて行い、ムダな動きをしてバタバタしないようにしなくては。
ムズカシイデス。


先生がヴァイオリンで伴奏を付けてくれて、通して弾いてみる。
「全然違うことしますから、つられないでくださいね」
と言われ、つられることはなかったものの、緊張して音をはずしつつもなんとか立て直して最後までいけました。

鈴木メソッドにはピアノ伴奏がついているのですが、先生はピアノでなくてヴァイオリンで伴奏を付けてくださって、私はそれが大好きでした。
先生の音を聞きながら弾くのは気持ちがよく、つられてダイナミックに弾けます。


最後のレッスンということで、次の曲にはいかず、少し時間が余っていて、先生が私のヴァイオリンと弓で「メヌエット」を弾いてくれました。

それは素敵な演奏でした。
私の奏ちゃんは、こんなに美しく歌うことが出来る楽器なんだ!!!!

ただ呆然と聴いていました。

先生も「楽器、よく鳴りますねぇ。 いい楽器ですよ」と。

レッスン最後にこんな音を聴かせてもらえて、とても嬉しく思いました。


「先生が代わると教え方も違ってきますけど、頑張ってくださいね」
と温かい言葉をかけてくれました。

実際、先生が教わった先生4名程だそうですが、皆違っていたそうです。

ヴァイオリンは難しい、というのはこういうところでも分かります。


先生、半年でしたが、ありがとうございました。



スポンサーサイト

コメント

祝 ご卒業♪

奏ちゃんも、良い音が出ることが証明されて、練習に目標が出来てよかったですね。

バッハは、響きがきれいでいいですよね。私が今やっている曲も響きはきれいな部分も多いのですが、自分の和音の音程がいまいちなんで、響ききらないので、Bourreeをゆっくり弾くのを響きの練習に取り入れています。
きれいに大きくバイオリンを歌わせることができるといいですよね~

そうそう、卒業祝いに、自分で駒くらい削れるように、駒削りようの台をお送りしましょうか?それとも、魂柱を調整できるように、魂柱立てはいかがでしょうか?

駒・魂柱

どちらも自分でやろうなんて思いもしないものです。

魂柱ってただの棒なのに大切なんですね。
ヴァイオリンは不思議な楽器です。

新しい教室でも一生懸命楽しんでね。楽しんでるアナタの話を聞くのが楽しみだったりします。

頑張りま~す

つたない私の文章を読んでくれて、ありがとう。
コメントも励みになってます。
Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク