8月に読んだ本

9月になりました。

今日、図書館へ行くと貸出カウンターに列が出来ていてどうしたのかなと思いながら
並んでいました。
順番がきてわかりました。
カウンターには可愛らしい女の子が座っていて胸には「職業体験」と書いたプレートがありました。
後ろには図書館の人がいてフォローしていますが、一生懸命な姿に「がんばれ~」と
心の中で応援しました。

8月に読んだ本



ヴァイオリン職人の探求と推理 (創元推理文庫)ヴァイオリン職人の探求と推理 (創元推理文庫)
(2014/05/30)
ポール・アダム

商品詳細を見る

原題は「The Rainaldi Quartet」
イタリア クレモナの名ヴァイオリン職人ジャンニ(63歳)
同業者で親友のトマソ・ライナルディが殺害される。
彼は前の週にイギリスへ メシアの姉妹 と言われるヴァイオリンを探しに行っていた。
それは1千万ドルを超える価値があるとされる幻のストラディヴァリだった。
ジャンニは友人で刑事のグァスタフェステに協力して事件を探り始めるが、
新たな殺人が・・・・

ヴァイオリンが好きな人なら興味深く読めると思います。
ヴァイオリン業界のことや贋作、そしてオークション、テンポもよく読み進み
終わるのが寂しい気持ちでした。

あとがきを読むと 次作の刊行が決定しているとのこと。
タイトルは「Paganini's Ghost」
またジャンニに会えるのが待ち遠しいです。






猫大好き猫大好き
(2014/07/30)
東海林 さだお

商品詳細を見る


敬愛する東海林さだおさんの最新刊
食べ物のテーマは「ラーメン店の七不思議」と「なぜ餃子にはヒダがあるの?」
その他 ホームセンターでのことや東京駅で一日暮らすなど。
どれも面白かったです。

慶応大学病院の放射線治療科の近藤誠さんとの対談「もし僕が、がんになったら」は
18ページですがその中にいろいろ深い内容が詰まっていました。
「がんは手術しないほうがいい」と主張されている先生の発言の意味がわかりました。
中村勘三郎さんは手術しなければ数年は大丈夫だったのではないかと言われています。
人によって選択はいろいろあるけれど、お医者さんによって大きく変わるものだと思いました。




私の夫はマサイ戦士私の夫はマサイ戦士
(2006/12)
永松 真紀

商品詳細を見る


マサイと結婚、そして第二夫人、びっくりしました。
この本では著者の恋愛遍歴と結婚に至るまでのことが書かれています。
ケニア人と結婚、離婚をされていたり、惚れっぽいというか、男運が悪いというか、
マサイとの結婚以前にちょっと理解出来ない感じです。

結婚後も添乗員の仕事を続け(それが結婚の条件でもあった)
生活環境も自分に合ったようにしているのでなんだか・・・

慣れない風習や生活に一生懸命頑張っているという内容かと思ったので
かなりガッカリしました。




透明な迷宮透明な迷宮
(2014/06/30)
平野 啓一郎

商品詳細を見る

6つの小説、そのどれもが私には着いていけない、読後感悪~いものでした。
一つくらい響くものがあるような気がして全部読んだんだけどダメでした。
表紙は美しいです。




大学教授がガンになってわかったこと (幻冬舎新書)大学教授がガンになってわかったこと (幻冬舎新書)
(2014/03/28)
山口 仲美

商品詳細を見る

とても大変で深刻なことをサバサバと明るく書いているので読みやすかったです。
精神的に強い方なんだと思いました。
肉体的にも精神的にも落ち込んでいる患者にひどい言葉で対応するお医者さんがいることに怒りを覚えました。
セカンドオピニオンの難しさもわかりました。
主治医に申し出る →紹介状と検査結果のデータを持って仰ぎにいく
だけど病院は選べない。主治医が指示した医者へ行く。
これって、この先のお医者さんとの関係を考えたら無理です、無理!!
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク