最近読んだ本4冊

県庁の星 : 桂 望実

  映画は観ていないけど、主役の「県庁さん」は織田裕二だった。
  最初から織田裕二のイメージで読んでいたけど、ぴったりですね。
  適役です。
  柴崎コウが演じた二宮さんはまるで違いまくりでした。
  スーパーでのお話で、残った食材で惣菜を作ったりとか恐いです。
  軽く読めるストーリー。


私一人 : 大竹 しのぶ

  大竹しのぶさんの自伝です。
  若いころの写真がめちゃ清楚で可愛かったです。
  生きることに前向きな姿勢がいいです。
  最初のご主人だった服部晴治さんの言葉
  「人生は楽しく短い祭りのようだったと言えるように生きていこう」
  とても素敵な言葉だと思いました。
  一度、舞台を観てみたいと思います。


食べるクラシック : 千葉 真知子

  モーツァルト、ロッシーニ、ショパン・・・どんなものを食べていたのか?
  レシピも載っていて(私は作らないけど・・)音楽家のエピソードも楽しいです。
  赤ちゃんの産声は万国共通A(ラ)の音なんだそうです。
  ほんとかな? 
  私は音を外して生まれてきたような気がします。


秋の森の奇跡 : 林 真理子

  「大人の恋愛」 「魂を揺さぶる真の恋愛小説」に惹かれ読んだけど・・・。
  違った!!
  文章は上手で読みやすいですが、内容はしらけました。
スポンサーサイト

コメント

「人生は楽しく短い祭りのようだった…」と言うフレーズ、洒落てるね。頂きました(笑)しかしこの手の言葉に反応してる私って、歳かね(^^;

でしょ、洒落てる。
服部さんってモテたらしいけど、こんな言葉言える人はモテるでしょうね。
で、おすぎさんは誰にこの言葉を言うのでしょう?
Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク