ヴァイオリンレッスン*19回目 (新しい先生編のはじまり)

9月1日。
夏休みも終わり、学校も新学期。
私のレッスンも今日から気持ちも新たに始まりました。


開始早々、指板に貼られている指位置のテープを剥がしたいと相談しました。
一度に全部取ると混乱すると思うということで、一番支障のない4の指位置のテープだけ剥がしてもらいました。
後は様子を見ながらということに。
テープは三本から二本になって、ややスッキリしました。
頑張って練習して、残る二本もとってやるぞ!!

ほとんどの生徒さんが「テープをとる」と言うと、「つけておきたい」と言うそうです。
私は変わり者かも・・・。


さて、レッスンです。

さて、その前に。
弓はもっと張った方がよい。
弓の中央部で鉛筆が一本通るくらいを目安に張る。
(この点はヤマハの先生とはちょっと違いました)
わぁ~、こんなに張っていいんだ! という感じでした。

まずはボーイング。
これがまだ、まっすぐに弾けないんです。 半年も経つのに。
自分の目線から見る真っ直ぐと実際が、かなり違う。
鏡を見ながらひたすら弾いて感覚で覚えよう。

ト長調の音階。
ソ~ラ~シ~ド~ と先生が弾くと切れ目なくなめらかなのに
ソ~ ラ~ シ~ ド~ となる私。
  ↑
 この間がなんともいえない(笑)
 実際はここまでひどくはないんですよ。大袈裟にするとこう。

一生懸命繋げよう、繋げよう、と心で念じ(念じてどうする!?)、右手も頑張ってるんだけどまだまだ練習が足りないです。

弓先の時は人差指に力を入れないと音がちゃんと出ないので、弓先、弓元では弾き方が違うことを意識すること。

下降の時、4の指でもたつく。
左手にばかり注意がいって「また上手く弾けないかも・・」という弱気な気持ちがいけないようです。
「左手、出来てますから大丈夫ですよ。右手ですね。普通に弾けばいいですよ」
という先生の言葉を信じて弾くと、本当に普通に弾けました。


次にスラーで二つずつ繋げて弾く。

それから、分散和音。

ここまで基礎練習。
かなり疲れてます。
ヤマハでは時間が短かったのでこんなに時間をかけてやったことなかったです。


バッハの「メヌエット第二番」

出だしのソ・シ・レ・ソ・ラ・ファ・ソ を重点的に。
どの弦を弾いているのかしっかり意識しながら弓を動かさないと、バタバタして何をやっているのか分からない状態になるので右腕の位置に気をつけて。

「ガリッ」っていうんですけど・・・

それは「弓が弦にかかる力(下向きの力)が強くて、弾く力が弱いからです」
「もっと強く弾いてください」

すると・・・  いい音が出ました。
「ガリッ」といわなくなりました。

弦にかかる下向きの力と弾く力のバランスで音が違ってくるので、よく聞いていい音をだしましょう。

下向きが強いと「ガリッ」
逆に弱くて弾く力がつよいと「スカッ」となる。

「三連符、少し速いですね」
これはすぐに直せました。 

それからスタッカート。
「弓をしっかり止めて」と習っていてその通りにやっていたのですが。
「強く弾いてから止めてください」 と。
響かせてからピタッと止める感じで、ヤマハで習っていたピタッと止めるだけよりもいい感じでした。

指導者が代わると教え方が変わるというのは頭にはあったけれど、初日から細かいこともいれればかなり違いがあって、混乱と新鮮とで新しい体験でした。


先生、とても分かりやすく説明してくださって、本当に言われたそばから音がよく出るようになってきて嬉しかったです。

しかも「そう!、そうですよ~」と盛り上げ方も上手なので、幼稚園児のように従順に先生の言うこと聞いてしまいます。

最後に先生が伴奏をつけてくれて、合奏をして終わりました。
とても上手く弾けた気分で、気持ちよくレッスン終了です。

充実した45分間でした。


来週は私の都合で、四週目は先生の都合でお休みになり、今月は三回のレッスンになります。
自分の予定にも合わせてもらえるので、とても助かります。
三回で7500円って、激安っ!!



スポンサーサイト

コメント

新学期

ですね。おめでとうございます♪。
充実したレッスンであったことがよく伝わってくる記事でした。よかったですね。しかも、安っ!!

こうして他の方のレッスン風景を読んでいると面白いですね。私の師匠も含め聞いた話をまとめると本当にみんなそれぞれです。
例えば指位置テープですが、私は貼ったことがありませんし、同門の方々も貼ってないようです。だから剥がすも何もありませんね^^;。どうも私の師匠は指位置テープが嫌いみたいです。

ボウイングは永遠の課題かもしれませんねぇ。いまだに私も定かではないですよ。身体の回転軸より外目に出すくらいで多分ちょうどよい加減なのだろうと思っていますが...。

よい先生と巡り会われたようで先々が楽しみですね。またレッスンの模様などお聞かせ下さい。励みにします♪。

奇しくも同じ日にレッスンでした

生徒をよく観察して、適切なアドバイスをしてくれる良い先生ですね。
観察力がある先生についていると上達はすごく早そうです。

弓、私も悩みながら試行錯誤していますが、指に力を入れなくても、スピードのバランスでどの領域でも大きな音が出せそうな気もしていて、できるだけ、力をいれずに大きな音が出せるようにしたいと思っています。

今日のレッスンは、kityとそれに付属の弓で受けたのですが、以前は先生が同じセットで弾くときに大きな音の違いがあったのに、今日は私の音と先生の音(演奏ではない)が近くなったような気がしていました。

だから、この方向でいいのかな~って思っていたら、レッスンの最初に弓の持ち方を修正され、またまた悩むことに・・ ^^;

おめでとうございます

新しい先生、具体的な説明がわかりやすいですね。
わたしにもとても参考になりました。
練習で試してみます。

ヴァイオリン仲間♪さん

☆ モハーさん

人のレッスンって、参考になりますよね。
先生、生徒、それぞれに個性があって、レッスンも色々なんでしょうね。
テープ、とりたかったんですけど、未熟な身で偉そうなこと言えないので諦めました。
ぴよよの店主もテープには疑問っておっしゃってたんですが、まあ、いつかは取れるでしょうから辛抱します。
モハーさんのレッスンもとても興味深く読ませていただいています。
共に頑張りましょう。


☆い~ぐる
本当に、今度の先生、よく見てるんです。
ヴァイオリンを習うといっても、指導者によって違うということを実感できて、今度の経験はとても価値がありました。
い~ぐるは知識と分析によって、とても考えるレッスンをしてますよね。
でもヴァイオリンって弾く人だけじゃなくて、ヴァイオリンの調子にも左右されるので、同じようにやってるつもりでもそうならないところが悩ましいですね。


☆ベリィさん
ベリィさん、進むの速くて、もう私、抜かれてます~。
参考にしていただけるなんて、嬉しいです。
Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク