10月に読んだ本

読書週間真っただ中、
暑いのか寒いのか、日によって、また朝と昼では季節が違うかのような日もあります。
秋の夜長を読書で楽しみましょう。






「不道徳教育講座」 三島由紀夫

してはいけない、と言われていることを片っ端から正当化していく内容です。
とても面白いのですが、だんだん飽きてしまいました。
ああ言えばこう言う、なのですがどれも本当にもっともらしくて憎たらしいくらいです。

三島作品、「潮騒」しか読んでいないと思います。
これから少しずつ読んでみたいです。





「ぼくは人生でおもしろいのは、なんでも山に登るまでだ、と思ってるの。
 目標を達成するまで、夢を実現させるまでがおもしろい。」
という欽ちゃんは自分にも人にも厳しい人だと思いました。
テレビで見ていた欽ちゃんは明るいコメディアンだけれど、実生活はストイックであり、周囲もピリピリしていたんじゃないかと想像してしまいました。
この本も面白い、というのではないです。
「スター誕生」の司会での 「ばんざーい、ナシよ」 は欽ちゃんの優しさがあっていい言葉だなと今になって思いました。





JAL機内誌『スカイワード』で連載されたエッセイ
とっても面白かったです。
浅田次郎さんって こんなに面白いとは今まで読んでいなかったのは不覚。
でもこれから読む楽しみができました。







12編の短編集。
読みやすいのですが、私にはあまり感情移入出来る話がなくてよくわからないまま終わってしまったものが多かったです。
若い感性にはいいのかな?
これを読むには私は大人すぎたかも・・・(笑)





モラスキーさんは1956年アメリカ セントルイス生まれの変なガイジンさん。
1976年に初来日して のべ20年日本滞在。
初来日の時は十週間しか日本語を勉強していなくて、にもかかわらず着いたその日から 日本人との会話はすべて日本語のみでこなすという、無謀な決意をしていたそうです。
ポケット版の英和-和英辞典を持ち歩き、知らない単語が目に入るとすぐに調べ、読めない漢字は日本の友達に聞くか、あるいは書き留めておいて あとで漢英辞典で調べていたと。
この本を読んでいるとモラスキーさんのパワーを感じることができます。
「猫も杓子も」 とか 「小生」とか、使う言葉が凄い。
ジャズピアノ、尺八、将棋、 そして居酒屋探訪、などなど・・・ 本当に面白いガイジンさん。





直木賞を取って話題になった時 図書館の予約人数がものすごくて諦めていましたが ふと思い出して検索すると待ち人は少なくなっていて読んでみました。
表紙が暗~いですが、中身も暗~~いです。
廃墟と化したラブホテル(ホテルローヤル)から始まり、だんだんと過去へ遡っていく短編集です。
ラブホテルですけどラブとは無縁に近くて 貧困、育児放棄、好転しない生活環境・・・そんなこんなの欝々としたお話。
読みやすいので一気に読みましたが、読むのもつらいから早く読み終えたい気持ちでした。






都会にも鳥や虫、昆虫など、思いの外棲んでいる。
私はそういったものに興味がある方なので特に驚かなかったけれど、これからも頑張って居てほしいと思いました。

「セミの羽化は朝、というのは不思議な誤解です」 とあり、私は今まで誤解していたことにびっくり。
日没後なのだそうです。
だからセミの羽化を観察するのは早起きすることもないし簡単なことなんです!!
どうして朝だと思っていたんだか?
本当に不思議です。





なんと、挫折の一冊(笑)

ミステリー。   登場人物6人くらいだけど、過去と現在を行ったり来たりする著述で誰が語っているんだ?と毎回悩み、ついに面倒くさくなって止めてしまいました。
こんなこともある。
本はたくさんあるのだから無理しないで次っていうのも必要なんだよね。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク