梅雨明けた、7月後半に読んだ本

いよいよ夏本番。 
本番なんてなくていいから気にせずに涼しくあってほしいものです。




「ゴッホ 旅とレシピ」    林 綾野

秋に「ゴッホ、ゴーギャン展」があるので今からちょっと知っておこう!と思ってまずはゴッホ
読みやすそうなものからと選びましたが入門編としてとても良い本でした。
紙の絵は 「タマネギのある皿の静物」  (1889 アルル)

37年の生涯をオランダ、イギリス、ベルギー、フランスの4ヵ国で過ごしたゴッホ。
それぞれの国でどのように過ごしたか、そしてどのようなものを食べたのかを
レシピを添えて紹介してあります。
と言っても ゴッホは食に執着することはなかったようです。
それでも手紙の中には、リンゴ、カニ、ジャガイモなどの食材の記述があったり
カフェやレストランを題材に描くこともあったので、
何を食べたのかをイメージして載せてあります。
シンプルなものが多いです
 ふかしジャガイモ、オートミール、プディング、ローストビーフ などなど。

11歳の時に寄宿学校に通うため家族と離れて暮らし、以後37年という短い人生の中で
30回にのぼる移動を繰り返します。
27歳で画家になる決心をしてからはベルギー、オランダ、フランスを渡り歩きました。

19歳の時から始まった弟テオとの文通は始めはオランダ語で、そして後半には
フランス語でやりとりしていたそうです。
テオが経済的にも精神的にも、ゴッホを支えていて、偉大な弟だなぁと思いました。
(ゴッホはテオに自分の手紙を取っておくように頼んでいて、テオ亡き後はテオの妻へ、
 そして今はアムステルダムのゴッホ美術館に収められています)

晩年、待望のゴーギャンとの「黄色い家」での生活。
ゴーギャンの好きなひまわりを描いて彼の部屋を飾って待ちわびていましたが
2ヶ月で暗転してしまうのでした。

ゴッホへの興味を大きくしてくれた一冊となりました。





「あやしい探検隊 台湾ニワトリ島乱入」    椎名誠

「果たして本にしてどれほどの意味があるかわからない大バカ合宿顛末記」と自身が
書いておられます。
そう、まったくその通りで毎日ビール飲んでメシ食って寝る~ の日々ですが
でも楽しかったです。
普段はみなさん真面目にお仕事されている方々で ここで発散してる。
シーナさんも傍観していることが多くなっておじいちゃんになったな~と思います。
台湾うどんって麺が軟らかすぎて箸でつかみあげることもできない(ぶちぶち切れてしまう)
バカうどん らしいです。
食べてみたい。 
ゆる~い挿絵も味があっていいです。




「日付変更線」 下    辻仁成

上巻のいろいろ謎だったことが明らかになっていくのですが
こんな展開に!? と ちょっとつじつま合わせな感がありました。
でもこの本は戦争の悲惨さを教えてくれました。
ハワイに住む日系二世の方々の心情は今まで考えもしなかったことですが
過酷であったことがよくわかりました。




「ジャズとエロス」    牧山純子

タイトルに妖しさが漂い、著者は女性のジャズヴァイオリニストでしたので
どんなことが書かれているのかワクワクしながら読みました。
4歳からヴァイオリンを始め、有名な先生についてクラシック一辺倒だったのが一枚のCDからジャズへ転換。
(パールマンとオスカー・ピーターソンの「Side By Side」)
バークリー音楽大学でジャズを学ぶ。
小澤征爾さん、小曽根真さんは背中を押してくれてジャズヴァイオリニスト牧山の生みの親です。
というようなことから、お薦めのアルバムの紹介などご自身のものもたくさん宣伝されていて
エロスはどこへ?  
肩透かしをくらったのでした。





「ドルフィンソングを救え」  樋口 毅宏

妄想のお話にしても中身がなさ過ぎて、あらら・・・
何が言いたいのかまるでわかりませんでした。
かなりびっくりな本でした。
お勧め度ゼロ。





「美女千里を走る」  林 真理子

anan連載「美女入門」の13弾。
軽く読めて面白かったです。
「また太った」 「太った」と自覚しているのにダイエットしては戻ってる姿も可愛らしくて
私はマリコさん好き。
身も心も太っ腹でセコセコしないでパ~~~ッとお金を使ってるのも素敵。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク