宇宙と芸術展

森美術館 初めて行きました。
六本木ヒルズ森タワーの53階、 こんな高いところに美術館があるなんて知らなかった。

「ジブリの大博覧会」がとっても混雑、長蛇の列、
その列の端っこをサッサと歩いてエレベーターで一気に上り、
人の流れは「ルーブル美術館特別展 漫画」へ。
目当ての「宇宙と芸術展」はさっきまでの人混みが嘘のように空いていました。

人気はジブリと漫画には負けてるけれど、面白い展示がたくさんありました。
隕石や化石、ダ・ヴィンチやガリレオの手稿を含む天文学資料、天文機材、
曼荼羅や日本最古のSF小説ともいえる「竹取物語」の絵巻。
江戸時代における伝説の舟「うつろ舟」を創造して作ってみたものとか
写真や絵、3Dプリンターで作った模型とか、スペースシャトルの模型やら
セクシーロボット、宇宙をテーマにした現代アート・・・
もう宇宙とかよくわからないけど盛りだくさんにいろいろありました。

流星刀という隕石で作った刀もありました。
この隕石は最初漬物石として使われていたらしいです(笑)

最後に入った部屋では3Dでのデジタル・インスタレーション
「追われるカラス、追うカラスも追われるカラス」
これと宇宙の関連性とかわからないけれど遊園地のアトラクションみたいで
楽しかったです。 迫力あってきれいでした。 幻想的。

音声ガイドは篠原ともえさん。
年が経ち大人になったのね、落ち着いた語りでよかったです。
説明がないとほんと、なんだかわからないものが多いので
音声ガイド、よかったです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク