東京交響楽団 第644回定期演奏会

  9/24 サントリーホール


ベルリオーズ:劇的物語「ファウストの劫罰」 

    
      ユベール・スダーン (指揮)
      マイケル・スパイアーズ (ファウスト:テノール)
      ミハイル・ペトレンコ   (メフィストフェレス:バス)
      ソフィー・コッシュ     (マルグリート:メゾ・ソプラノ)
      北川辰彦          (ブランデル:バス・バリトン)

      東響コーラス
      東響少年少女合唱隊

演奏時間136分。
中に20分の休憩をはさんでの長時間の大編成演奏会でした。

当時20代半ばのベルリオーズは若干19歳の詩人ジェラール・ド・ネルヴァルによる
仏語訳を通してゲーテのこの作品を知った。
ゲーテ本人が、ドイツ語の原作よりも仏語訳のほうを高く評価するほど卓越した翻訳であった。
(プログラム解説より)

ということで歌詞はフランス語でした。
日本語訳が字幕で出るので それをチラチラ見ながら聴きました。

独唱の方々が素晴らしく、なかでもメフィストフェレスのペトレンコさんが容姿ともに素敵。
独唱の方は舞台後方で歌っていましたので、カーテンコールで現れた時に
背の高さにびっくりしました。

オケはもちろんですが、東響コーラス(アマチュア)も素晴らしく、フランス語の歌詞を暗記して
すごいなと思いました。
さらに 曲の最後に児童合唱がはいるのですが、小さい子は小学校中学年くらいでしょうか、
出番までひたすら待つ、1時間以上待っていたのだと思いますが
真っすぐな姿勢を崩さず微動だにせずに舞台に乗っていた姿は本当に立派でした。
よく頑張ったね、 そしていい経験をしてよかったね、と拍手を送りました。

ストーリーのある音楽は楽しかったです。
「あなたに会う前からあなたの存在を感じていたんだ」
「私もあなたに会う前から夢で会っていたわ」
な~~んて勝手にしてちょうだい、なセリフも面白く聞けました(笑)

     
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク