10月に読んだ本

只今、秋の読書週間です。
文化の日を中心にした二週間だそうですが10/27~11/9です。
『いざ、読書。』 が今年の標語。
そんなに気合い入れなくてもねぇ、気楽に読みましょう (^-^)/


「世界の果てのこどもたち」    中脇初枝

後に中国残留孤児、在日朝鮮人、戦争孤児となった少女達。
戦争は多くの人から大切な人、時間、ものなどを容赦なく奪っていきました。
幼い時の記憶、言語も失われ、それは今を生きていくことに必死だったからです。
文章は淡々としていて読みやすいです。
中国残留孤児の肉親捜しをテレビで見たのはいつだったろう?
自分には関係ないというか、何もわかっていなくて思うことも何もなかった。
この本を読んでやっと理解することができました。
肉親に会えたからといってハッピーエンドにもならないということも。
是非読んでおきたい本だと思います。





「すばらしい黄金の暗闇世界」   椎名誠

「ナショナルジオグラフィック」に掲載されたエッセイが主です。
世界の辺境を旅している椎名さんのお話はどれも本当に面白いです。
釣りが好きなのに餌になるイソメは大嫌い、そこからタイのメナム川、さらにインドのガンジス河に
話は繋がってオニイソメは長さが1mもあるとかゴカイの仲間で2mになるものがいるとか、
私もイソメ系は嫌いだけど、嫌いな故に興味津々話がたくさんです。
アリは地球上に約1京匹もいて、その総体重は全人類の総体重に等しいらしいです。
知らなかったことがたくさん、話題が豊富で楽しい本です。







「もぎりよ今夜も有難う」     片桐はいり

片桐はいりさん、超個性派女優さんで一度見たら忘れられないお顔、存在感。
映画が大好きで銀座の映画館でチケットのもぎりのアルバイトを7年されていて
その頃の話など、とにかく全部が楽しい。
今でももぎりをしに行くことがあるそうです。
もぎり方にも美学があるようです(笑)
私が読んだのはこの表紙でなくて、はいりさんのお顔が水彩画で描かれている初版本でした。
表紙が素敵だったのでこの黒っぽい表紙にびっくり、がっかり。





「ヒポクラテスの誓い」    中山七里

法医学ミステリー  5つのお話。
いわゆる偏屈者、でも他を圧倒する腕前をもつ解剖医光崎、
研修医の女の子真琴、刑事の古手川、
次々に起きる死亡事件 それが一見普通の死と見えるものでも強引に事件にしてしまうという
ありえない、ないないパレードでした。
続編も出ましたが私はもうこの1冊で十分、ミステリーとは言えないかなぁ。




「地形で解ける! 東京の街の秘密50」    内田宗治

タイトル通りの内容の本です。
ブラタモリ系で楽しかったです。
今さらながら東京の東側の土地の低さに衝撃を受けました。
山手線の品川~代々木の高低差が36メートル、麻布十番駅は海抜マイナス26メートルとか
数字で示されていて理解しやすいです。
それにしても地下鉄、掘りすぎな気がします。
戸越銀座の名の由来が関東大震災にさかのぼり、水はけの悪かった通りに
震災で被害を受けていた銀座から、当時ガス灯用のガス発生炉に使用されていた
耐火白煉瓦を譲り受けて商店街に敷いたことからとのこと。
安易に「銀座」と名乗っていると思っていてごめんなさい、でした。



「不良妻権」    土屋賢二

哲学者の土屋賢二さんのエッセイ。
どれも面白いです。
笑いながらも ああ、そんな風に捉えることもできるんだ!という発見が多々ありでした。



「辛酸なめ子の世界恋愛文學全集」   辛酸なめ子

軽く読めます。
日本文学、西洋文学から恋愛を考察、、ってほどでもなく面白可笑しく解説しています。
名作を取り上げているのに私はそのほとんどを読んでいない!!
えっ、でも名作って言われてるのにそんな話なんだ! という発見がありました。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク