東京交響楽団 第648回定期演奏会

1/14 サントリーホール


メシアン : 交響的瞑想「忘れられた捧げ物」
 
矢代秋雄 : ピアノ協奏曲          ピアノ  小菅 優

          アンコール  メシアン:『前奏曲集』から 1.鳩


フローラン・シュミット : バレエ音楽「サロメの悲劇」



この冬一番の寒さの中、サントリーホールへ。
プログラムはどれも知らない曲。
2016年に没後40周年を迎えた矢代秋雄とその師であるメシアン、
そして矢代が敬愛するフローラン・シュミットという構成だそうです。

メシアンは11分という短い曲。
なんだか眠くなるわ~ な感じの時 突然のフォルテでジャン!!
私の横にいた女性が寝ていたようでその音でびっくりして飛び起きました
椅子の振動が伝わって私もびっくりしました(笑)

ピアノの小菅優さんはパワフルでした。
アンコール、メシアンはやはり眠くなりました。

後半のシュミットの「サロメの悲劇」 これは聴いて、観て、楽しめました。
オケが派手に鳴って気持ちいい、弦楽器奏者の動きに見とれてしまいました。


スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク