2月に読んだ本

一月往ぬる、二月逃げる、三月去る って言いますが本当に二月は瞬く間に終わってしまいます。
私のパート先が閉店、そして場所を移しての開店となり二月は閉店準備、
そして三月は開店準備で慌ただしく去っていきそうです。
花粉も気になり始めました。
読書時間とヴァイオリン練習時間はしっかり確保してマイペースを保っていきたいです。
逃げる二月に読んだ本。


「渋谷の農家」     小倉崇

40代になって突如農業の面白さに目覚めた著者が渋谷道玄坂のビル屋上に巨大プランターの畑を
作ったノンフィクションです。
夢物語のようなことを実現させていくお話なので楽しく読めました。

有機農家のパイオニアたちとして 小豆島でのオリーブ栽培農家、長崎のお茶農家
自然栽培で 鳥取の麻農家、岡山の米農家が紹介されてます。
楽に儲けようと思わず、敢えて苦労が多く成功するかもわからない道に進む。
どの話にも感銘をうけました。

これには本当にビックリ!!
   ↓
ハウスで育てるマンゴーの受粉をハエにさせるためにハエを育てる。
(ミツバチではハウス内が暑すぎて死んでしまう)
ハウスの天井からいくつも吊るされたバケツ、 その中には魚のアラ。
それが腐ってものすごい腐臭のハウス。
ハエを上手に産ませられる人がマンゴー作りも上手い というのが常識なんだそう。





「一汁一菜でよいという提案」   土井善春

一汁一菜とは ご飯、味噌汁、漬物のこと。
えっ!? 私は一菜とはメインのおかずのことかと思っていました。
漬物だなんて~、そして漬物なかったらそれでもかまへん、言うてます。
ご飯と具だくさんの味噌汁、これだけで必要な栄養は充分摂れる
忙しい中無理に品数を増やさなくてもええんやでぇ と料理研究家の土井さんが
優しく語りかけてくれる本です。
すっごく気持ちが楽になります。
味噌の素晴らしさがわかります。
味噌の中では塩分その他の環境的条件から、食中毒などを引き起こす細菌は
ほとんど生きられず O-157といった大腸菌を埋め込んでも死滅するそうです。
ご飯と味噌汁ってなにより飽きないというのが凄いし、日本人なんだな~と思いました。
ですが私はやっぱりおかず3品は欲しいな~
手を掛けないおかずでいいから3品欲しい(笑)



「戦場のコックたち」    深緑 野分

戦時中の料理人の苦労話かなぁ、どんな料理を作ったのかなぁ、
なんて思っていたらそういう話ではありませんでした。
舞台はフランス、ノルマンディーで 米軍特技兵(コック)仲間の間で起こる出来事、
ミステリーとまではいかないちょっとした謎解きでした。





「デトロイト美術館の奇跡」   原田マハ

昨年11月に上野で「デトロイト美術館展」を観て、そのコレクションの豊富なことに驚きましたが
2013年にデトロイト市が財政破綻の危機に陥り、そのコレクションを売ることも考えられていたとは
知りませんでした。
存続出来て本当に良かったと思います。
実話に基づくファンタジーといった感じの小説です。
100ページで1ページの字数も少なく簡単に読めます。
本屋さんで手に取ったら「こんなに薄いんだ」とわかるけれどAmazonでクリックして
届いたらきっとムッとするのではないかと思いました。






「ビューティーキャンプ」        林真理子

ミス・ユニバースの日本代表を決める裏側のお話。
とても読みやすかったです。
最終候補者12人を二週間のキャンプで鍛えていくのですが
指導するエルザ(実在の人がモデルなのかな)のキャラが強すぎて
最後まで好きになれませんでした。
豊胸手術をしないなら帰って!! なんて言っていいこととは思えない。
素で勝負するのかと思っていたので整形や豊胸手術が当たり前のコンテストなんて
興覚めでした。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク