東京交響楽団 第650回定期演奏会

5/20 ミューザ川崎シンフォニーホール


モーツァルト : ピアノ協奏曲 第6番  変ロ長調
        (ピアノ 小曽根 真)
   アンコール  
     E.レクオーナ:スペイン組曲「アンダルシア」から第4曲ヒタネリアス


ブルックナー : 交響曲 第5番 変ロ長調  (ノヴァーク版)

      指揮 ジョナサン・ノット


サントリーホールが改修工事中のためにミューザ川崎での演奏会。
ミューザは何回か来ていますが、今回の席2階CAで床に傾斜があって座っていて
落ち着きませんでした。
右足と左足間に高低差があるのです。
今まで最前列とか正面席だったので気がつかなかった。
サントリーホールに慣れているので ホール入口の解放感とか、人の流れなど
ミューザよりサントリーがいいなぁと思いました。

モーツァルトのピアノ協奏曲にジャズピアニストの小曽根さん、
休憩後にブルックナーの5番(75分)というプログラム。
変ロ長調が共通点、って繋がり・・・かな (笑)

小曽根さんのピアノが大好きで楽しみにしていましたが、モーツァルトですから
アドリブが入るわけでもなく普通でした。
やっぱり ジャズを聴いてみたいと悶々としてしまいました。
せめてアンコールにジャズを弾いて欲しかったです。

ブルックナーは昨年8番を聴いて、長さを感じずに聴けたのですが
5番はちょっと難しく、長いなーと思う時間がありました。
これを集中して演奏するプロの凄みは伝わってきました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク