東京交響楽団 第652回定期演奏会

7/15 ミューザ川崎シンフォニーホール


 細川俊夫 : 「嘆き」     メゾ・ソプラノとオーケストラのための

 マーラー : 交響曲 第2番 ハ短調 「復活」

        指揮 ジョナサン・ノット


「嘆き」は東日本大震災の津波での犠牲者、特に子供を失った母親たちに捧げられる哀悼歌。
(ゲオルク・トラークルの詩による)
2013年に作曲された曲で独唱はソプラノでしたが今回はメゾ・ソプラノの藤村実穂子さんのために
新たに書き下ろされたものだということです。
藤村さんの歌唱が素晴らしくてホール全体が彼女の存在であふれていたような感じでした。
客席に作曲者がいらしていて、藤村さんが何度もアイコンタクトをとってお辞儀をされていました。
歌っていない時でも佇まいが美しくて魅了されてしまいました。


マーラーの2番、 ソプラノ 天羽明恵、メゾソプラノ 藤村実穂子、東響コーラス。
85分という長い曲でありながら長く感じない素晴らしい演奏でした。
フォルテもピアノも 美しくてオケを満喫。
オケがガンガン鳴っているのにソプラノ、メゾソプラノのソロが抜けるように聞こえてきて
人間の声ってすごいな~と思いました。
バンダ(舞台裏での演奏)のホルン、トランペット、打楽器もよかったです。
表の演奏と合わせるのは大変だと思います。
そしてオーボエのソロが心に沁みました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク