8月に読んだ本

今年の8月はほんとにショボい夏でした。
蒸し暑さだけはあったけれど、カラッと晴れることがなく淋しい夏。
温暖化、深刻だとヒシと感じます。
8月に読んだ本です。



「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている」  村瀬秀信

チェーン店35店が掲載されています。
ほぼ知っている、半数以上食べたこと有りなので「そうだ、そうだ」とサクサク読めます。
とんかつ和幸の本社が川崎とは知らなかった。





「田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」」    渡邊格  

菌にこだわって作っているパン。
その工程はとても大変そうで、こんな風にして出来たパンはどんな味がするのかな?と
食べたい、食べたい、と思いながら読了しました (笑)
お店は鳥取なので叶いませんが、素敵なパン屋さんだと思います。
ですが 世の中のお店がこうして自分のやりたいように出来るということも無理ですし
安さを売りにしてもいいし、こだわっての製法もいいし、
いろいろあるのが良いと考えます。
良い素材を高く買って、高く売る。 こうしたものはたまにご褒美でいただき、
日常となるとやはり少しでも安いと嬉しい私です。




「音の記憶」     小川理子

パナソニックの役員でありながらジャズピアニストとしても活躍しているということで
カッコいいな、と気になって読んでみました。
サクセスストーリーが語られているだけでガッカリしたというのが率直な感想です。
本としての面白さがなかったです。




「すべての見えない光」   アンソニー・ドーア  藤井光・訳

パリに住む幼い頃に視力を失ったマリー・ロール、ドイツの炭坑で働く孤児院育ちのヴェルナー、
ふたりを軸に第二次世界大戦が描かれていきます。
戦争は本当に悲惨で、皆が理不尽な思いの中、命を落としていった。
どこの国も同じ。
暗い、救われない話ですが文体が美しく、静かに語られていて長編を読み切りました。
前半はちょっとガマンの時間。 
80ページくらいから動きがあり、どんどん引き込まれていきました。







「怖い絵」     中野京子

怖い絵を書こうと思ったきっかけは、マリー・アントワネットを描いたダヴィッドのスケッチからだった。
(荷車に乗せられて断頭台へひかれていく様子)
これに書き手の悪意、元王妃に対するが憎悪が見えたこと。
画面には恐怖を感じさせるものが見当たらなくても、実は怖いことが隠されている絵がある。

ということで、20作品が掲載されています。
ドガの「エトワール、または舞台の踊り子」のようにどこが怖いの?と読まないとわからない絵、
見るからに怖い、気持ちの悪い絵、この絵が名画なの? など、それぞれいろいろでした。
西洋絵画は聖書や神話を知らないと意味がわからないものが多いので、そういった知識を
知ることが出来てよいと思います。
表紙の絵は、ラ・トゥールの「いかさま師」、これはもうこの目つきが悪さを企んでいる。
解説を読むと、ほんとに悪い人でーす。

このシリーズはたくさん出ているので読んでいきたいです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク