ヴァイオリンレッスン*22回目

嵐の日だってレッスンなのだ

って、、今日の天気はひどかった。
駐車場から先生の家までほんの5分の道のりなのに、雨に濡れ、髪は乱れ、ヨレヨレで到着~。
はい、ヴァイオリンはしっかり守りましたから、我が身はズタボロ。

外は寒いくらいでしたが辿り着いた時は暑くて、半袖でお稽古開始。
どうもヴァイオリンを弾くととても暑いのです。
気合い入りまくりの空回りです。 


いつも通り前半は基礎練習。

毎度毎度の注意事項。

ボーイングは難しい。
まだ腕の重さを乗せ切れていない→震える~~  ノダ。

「ガリッ」っていうのは弾く力。
怖れずに思いきって。


左手は相変わらず小さな手に苦労しているけど、決して出来ない(届かない)訳ではないので、日々の努力です。
小指が上がってしまうのが今の問題点。
これは押さえるときに力を入れすぎていて、その反動でそうなるのではないかということ。
力を抜くというのは本当に難しいです。

注意事項がたくさんあって、ボーイングに気持ちがいくと左手が疎かになったりとすぐには上手くはいかないけれど、先生は誉めながら進めてくださるので基礎も楽しいレッスンです。

ヤマハの時は30分の時間だったので基礎には時間がとれなくて、先生が代わってからしっかり基礎を始めました。
本当に基礎練習こそ大切なんだと実感しています。


分散和音を弾いていた時、
「ひとつ、気になることがあります」

「ピアノをやっていらっしゃいました?」
と聞かれました。
ピアノは遊び程度で習ってはいたので、弾ける曲もたいした事ないんですが

ピアノをやっていた人に多く見受けられる傾向で、
分散和音、例えば「ソシレソシレソ」と弾く場合、ソの時点でシのことを考えながら弾いているということです。
言われてみれば、そんな感じでした。
常に、先、先、という気持ちで弾いていました。

「ソの時はソのことだけを考えて」

曲でもなく音階練習なんだから、今弾いている音をもっと大事に弾いて練習しようと思います。
これは「力を抜いて」という課題より簡単にできることだし。



曲はバッハの「メヌエット第3番」

二箇所、苦手なところがあって、やっぱりそこ。

家で苦手なもん、レッスンでうまくいくわけないのであった。(二箇所だし)

ごまかせません。

はい、来週まで練習あるのみ。

音をよく聞いて丁寧に弾こう。

スポンサーサイト

コメント

レッスンの日は雨

が、多い気がします。
きっと、雨とレッスンは仲良しなのだ。

それにしても、今日はほんと、酷かったですね。一番丈夫な傘を持って職場に向かったのですが、しっかり壊れてしまいました(^^;)

そんなことないよ~

私のレッスン日は晴れが多いし、雨でも行く時間になると止んだりしていたのです。
これは、い~ぐるのせいなのよ。
今日は今年一番の雨だったらしいです。
2周年を雨がお祝いしてくれたのね。

がんばってレッスンしてますなあ。雨にも負けず、風にも負けずって奴でんな。次回のお話も楽しみにしてます。ところで「ボーイング(bowing)」って、調べてみたら、「弦楽器を弓で弾くこと」なんだね。「bow(ボー)」は「弓」だし。勉強になりました。ちなみに私の趣味は、ボーイングに近い「ボーリング」です(笑)

なかなか進まないけど・・・

楽しくレッスンしてますので、おすぎさん、今後も励ましてくださ~い。

ボーリングは最近してないです。
というか、たまに忘れた頃にするという感じで、だから、毎回ものすごいスコアです。
昔はスコアを紙に書いて計算したよね~。
今は投げれば勝手につけてくれるから、「おまけ」もなしよね。
シビアだわ~~~。
Secret

プロフィール

nori..

Author:nori..
1960年生まれ☆双子座☆AB型


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク